アフィリエイトとアクセスアップの速攻ノウハウ > SEO/検索エンジン最適化【一日一策】 > SEO-内部リンク構造最適化 基本はやはりユーザビリティー!

2006年02月19日

SEO-内部リンク構造最適化 基本はやはりユーザビリティー!

Google(グーグル)の検索結果の順位はどのように決まるのか?
Google(グーグル)のホームページにヒントがありました。



■ Google(グーグル)の検索結果の決定方法

Google(グーグル)のPageRank(ページランク)TMというものがあります。
Google(グーグル)の検索結果は表示順は、PageRank(ページランク)アルゴリズムを含む 100 以上の要因によって自動的に決定されます。

Google(グーグル)PageRank(ページランク)とは?

Google(グーグル)はウェブのリンク構造全体を調べ、どのページが最も重要かを判断します。ページの重要度の指標としてリンク特性が(被リンク数ともよく書かれてます)
あります。これをPageRank(ページランク)TMで表します。
どういうものかというと

Googleはあるページを分析する時にそのページからどこのページにリンクがされているかに注目しています。

リンク先ページはリンク元ページからのページの投票として考えリンク元ページは重要度があると判断するらしいです。

ではリンク数をとにかく増やせばページランクがあがるのでしょうか?

■ Google(グーグル)のヘルプを読んでみる

ページランクを決定する際には、投票した(リンクした)ページの重要度も考慮されます。
重要度が高いページからリンクされたページも重要度が上がります。
重要なページは PageRank が高くなり、検索結果の上位に表示されます。

Google(グーグル)のPageRank(ページランク)は
ウェブのリンク構造全体を調べ、どのページが最も重要かを判断します。
その後、ハイパーテキスト一致分析を通じて、現在行っている検索に関連のあるページを特定します。Google は、全体の重要度と検索クエリとの関連性を組み合わせ、最も関連性の高い、信頼の置ける結果を提供しているのです。

ハイパーテキスト一致分析とは?

Google(グーグル)の検索エンジンは、ページのコンテンツも分析します。
ページのコンテンツ全体と要素をフォント、分割構造、および各単語の厳密な位置という観点から分析するのです。Google は、隣接するウェブ ページのコンテンツも分析し、ユーザーの検索クエリに最も関連する結果を確実に提供できるようにしています。
-by Google 会社情報より-


ということは?

  • リンクをするだけじゃなくリンクしてもらう努力が必要!

  • 被リンク数を増やすだけではページランクは上がらない?

  • 「いかに被リンク数を増やすか?」より「いかに関連するサイトとのリンク数を増やせるか?」が重要?

  • ページランクが同等以上のサイトとの相互リンクは有効?(同等以下なら?)

  • サイトコンテンツを絞りこみ、被リンク先のサイトコンテンツも同様に絞り込む?


  • ?としたのはあくまでもヘルプを読んだ範囲での推測だからです。

    ■ サイト内のリンク構造を見直す

    ひとつ分かるのはサイトのリンク構造が重要だということです。
    もう一度、自分のサイトのリンクを見直してみましょう。
    もう一度とは言わず何度でも見直すべきです。
    1. リンク切れのあるリンクはありませんか?

    2. ※特にアフィリエイト広告などは終了しているものもありリンク切れ要注意。
    3. リンク先は自分のサイトと関連性がありますか?

    4. 自分のサイトのサイトマップを用意してますか?

    5. ※これに伴い分かりやすい階層のリンク構成にカテゴリーなどをうまく使って作り変えては?
    6. ページランクの上位のサイトに相互リンクのお願いをしましょう

    7. ※ページランクの上位のサイトの方の広い心におすがりしましょう。でも自分のサイトテーマと関係ないサイトへの相互リンク依頼は慎んだ方がよいと思います。
    8. 自分のサイト内にも「おすすめ記事」や「トップページに戻る」などリンクを貼りましょう

    ■ 読む側にとって読みやすいリンク構造を構築する

    なんだかんだいっても一番は、読む側が読みやすいリンク(サイト)構造を
    作ることです。読む側を意識して迷わないようなサイト作りを
    していけば自然に明確なリンク構造ができるはずです。

    例えば、サイト内で迷わないようなサイトマップや
    自分のサイトで足りない情報を補ってくれるサイトへのリンク
    など、見る側のことを意識して作ることが重要なのです。

    ■ 相互リンク先の見つけ方

    こんなのはいかがですか?
    1. ブログランキングに参加する

    2. 自サイトと同じカテゴリーのブログを読む

    3. 相互リンクを募集しているかチェック

    4. 相手のサイトコンテンツをチェック

    5. 相手のページランクをチェック

    6. 相互リンクを申し込む前に相手へのリンクを設置しておく

    7. 早速コメント等で相互リンクを申し込む
    ブログランキングの使い方ですが、実行してる人はなーんだですよね。
    まだの人はこちらのブログランキングから始めてはいかが?
    ブログランキングへ参加⇒人気ブログのランキング ranQ(ランキュー)

    ちなみにこのブログも相互リンク募集中です♪




    ★ミ あなたの応援でこのブログは作られています。

    ■■■ blogランキングへ投票をお願いします ■■■



    【アフィリエイトとアクセスアップの速攻ノウハウ】のトップへ戻る
    アクセスランキング

    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    この記事へのコメント
    アクセスアップと、ページランクをあげるのは、
    私の課題でもあります。
    ある程度までは、直ぐですが、それより上がなかなか。
    ページランクについては、何も対応していないので、0のまま。
    もう少し、相互リンクをお願いしていかねばならないのでしょうか。。。
    ブログジャンキーからやってきたあさひでした。
    また勉強させてもらいに参ります
    応援!
    Posted by あさひ at 2006年02月20日 21:16
    なるほど。グーグルにもそんなことが書いてあるのですね。勉強になりました。ありがとうございます。
    Posted by ネットビジネス界のファンタジスタ FANTA-NANA at 2006年02月20日 21:31
    >あさひ さん
    コメントありがとうございます。
    おお〜ブログジャンキーからですか!
    ありがとうございます。
    もしよければ、何にご興味をお持ちになったか
    具体的にコメントいただければ
    その話題を掘り下げることも出来るかと思います。
    またお越しください。

    よければ相互リンクもいたしますので..

    Posted by ドク(仮)@管理人 at 2006年02月20日 22:13
    >ネットビジネス界のファンタジスタ FANTA-NANA さん

    コメントありがとうございます。
    世のSEOの専門家にはなんて言われるか
    ハラハラしてます。

    でもヘルプを読む限りでは
    記事のように推測されるんですが
    実際はどうなんでしょうか?

    またわかり次第ご報告します。
    またお越しください。
    Posted by ドク(仮)@管理人 at 2006年02月20日 22:15
    この記事へのトラックバック

    相互リンクができないなら内部リンクでいこう
    Excerpt: 今回のテーマは管理人の悩みの種である相互リンクです。 なので内部リンクで補いましょう。その理由とは・・・ その前にブログランキング応援ヨロシクお願いします。 人気blogランキ
    Weblog: 高校生がブログで検索エンジンから鬼のように集客する方法  研究中
    Tracked: 2006-04-19 19:51
    outlet_1_468_60
    Copyright(C)2005 アフィリエイトとアクセスアップの速攻ノウハウ 最終更新日は2017/08/22 02:33です
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。